*All archives* |  *Admin*

2009/08
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たそがれインコ
夕暮れ時には・・・。


虫の声が聞こえ始める夕方、キッチンの窓から涼しい風が入ってくるようになると、
仲良し2羽は突っ張り棒の上へ。
ごにょごにょ何やら囁き合いながら、寄り添っています。


あらま・・・。


たまにいちゃいちゃしたり・・・。


ちょっと離れて・・・。


ちょっと離れてみたり・・・。


きれいだね・・・。


日が沈んでしまうのを惜しむように、ずっと夕焼け空を眺めています。
もう秋だね。




blogram投票ボタン






スポンサーサイト

テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

クク、負傷す。
しばらくブログをさぼっている間に、なんだかすっかり秋の気配。
昼間も夜も過ごしやすくなりました。
この少しひんやりした、夏の終わりを感じさせる時期って、
なんとも言えない寂しさがあるなぁ・・・などとセンチメンタルな
気分になっていたある朝のこと、我が家にはちょっとした事件が
起こっていました。

出勤するだんなはんを見送って「鳥ーず」をカゴから出しましょうと
声をかけながら覗くと、ククの嘴とろう膜の境目の部分にえぐられた
ような傷跡があるのに気付きました。


何かへんでしゅか?

ふう、やっとそとにでられまちた。

いやいや、それより大丈夫?

ちょっと見にくいのですが、ろう膜のちょうど真ん中あたりに傷が
できています。
本人はいたって元気で、気にするそぶりもありませんが、結構傷が深いので
見ているこちらの鼻先がヒリヒリしてきます。

どうやら夜、カゴの中でウロウロしていて、うっかりカルに近付いて
かみつかれてしまったようです。
カルは独り寝でいた時期が長かったため、ククがカゴの中にいるという
状況にまだなじめておらず、部屋を暗くされてもなんとか脱出しようと動き回る
ククの気配にビクビクしていました。
もう慣れたと思っていたのですが、カルはまだ落ち着いていなかったようです。

カゴの外でならこんなに仲良く寝てられるのにね・・・。


仲良しのはずなのに・・・。


ククは、カルと寝るの怖いかな?


ボクきにしてましぇんよ。

ん~ぼくだいじょうぶでしゅよ。カルにいはやさしいでしゅから。

そだね、じゃあおわびにいっぱいカキカキしてもらってね。


ああしょこしょこ・・・。

ごめんねごめんね、ボクびっくりしちゃったんだよ。
きにちてましぇんよ。あ~、しょこしょこ・・・。




blogram投票ボタン






テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

はじめての おるすばん
だんなはんが夏季休暇に入ったので、この9、10日で小旅行に行って
きました。

わがうどん王国から高速で坊ちゃん国へ、そして翌日カツオ帝国でよさこいを
見てこようという予定にしていたのですが、出発の朝、外は真っ暗。
窓を開けると灰色の雨雲と強い雨。どうやら台風の影響でこんな天気に
なってしまったようです。

カルとククはお留守番なのですが、実はカルはひと晩を超すお留守番を
したことがない初心者。おまけに日中はカルとククを一緒に遊ばせていますが、
夜はククをヒナ用のカゴに入れて寝かせていたので、共に夜を過ごさせたことも
なかったのです。

「果たしてカゴの中でも仲良くしてくれるだろうか・・・」

と心配しながらも2羽をカゴの中へ。
しばらく茫然としていたカルとククでしたが、どうやらいつもと違う雰囲気を
感じ取ったようで、不安そうにカゴの網をよじ登ってこちらを見ていました。

「今日は2人でお留守番ね。カル、ククと仲良くしてやってね」

と言って出かける準備を始めると、観念したようでカルはいつも寝る時に
止まる白いブランコに、ククは新しく入れてあげた黄色いブランコに(こっちの
ほうがはるかに大きいのですが)止まっておとなしくなりました。

2羽のことを気にしつつ、坊ちゃん国へ。
・・・大雨です。車から降りたとたんに靴の中がびちゃびちゃです。
内子というレトロな街並みが魅力の町に寄ったのですが、あまりの雨量に
通りに川ができ、足もとにばかり気を取られて風景を楽しむことができません
でした。
気を取り直して宇和島へ。
こちらは鯛飯をいただくのを楽しみに向かったのですが、あまりの空腹に
何も考えずにもりもり食べてしまい、空になった器を見て初めて写真を
撮り忘れたことに気づきました。
せっかくこのブログに載せようと思ってたのに・・・。
カルの食いしん坊が伝染ったのかしら。

坊ちゃん国で1泊し、いざカツオ帝国へ。
途中、四万十川に寄るのを楽しみにしていたのですが、この雨で川は
大増水。
土手の道もすっかり沈んでしまって、清流どころか濁流と化していました。
・・・今回は風景を楽しむのはあきらめよう・・・。

そしてメインのよさこい祭り。
9日は大雨のために中止になったようだったのですが、私たちが到着した
お昼頃には雨も上がり、少し陽が射すようになっていました。
街中はすごい活気で、あちこちから踊りの音楽が聞こえてきます。


衣装も凝ってます。

踊ってる人達みんなが楽しそうでイキイキしていて、見ている方も元気
づけらるような気がします。


ちょこまかちょこまか。

こんなちっちゃな踊り子さんたちも。元気いっぱいです。
やっぱりカツオ帝国に生まれたDNAがそうさせるのでしょうか?

いろんなチームの踊りを堪能して、夕方帰路へ。
帰り道はカルとククのことばかり気になって、だんなはんと
「大丈夫かなー?」
「大丈夫だよー」
と同じ言葉ばかり繰り返していました。

ようやく社宅のドアを開けて、真っ暗な部屋に電気を点けると、
なんとカルとククが同じブランコに乗って固まっていました。


ぎゅうぎゅうですな。

クク用につけてあげた黄色いブランコは、何かの拍子に落としてしまった
ようです。
ブランコに乗りたがるククに、カルがスペースを空けてあげたのでしょう。
うまいこと交互に乗っているのがニクいです。


なぜそこまでして・・・。

ふたりとも元気そうでよかった。
カルはすっかりお兄ちゃんの表情です。




blogram投票ボタン






テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

カル、フォーリンラヴ。
今日は、カルにとって新しい生活の始まりになりました。

じつは、10日ほど前から、カルのパートナーとしてもう一羽インコのヒナちゃんを
飼い始めていたのです。

ルルがいた1週間、ほんの短い間の生活でしたが、ルルにちょっかいをだして
面倒を見たり、よちよち歩きを心配するように後ろをついて回るカルの様子を見て、
だんなはんと相談して決めたことでした。
その時の内容についてはまた後日お話しするとして、お迎えした子は黄色い
ハルクイン、なんとなくトリオを思い出させる色のヒナちゃんでした。

名前を考える段になって、トリオ、カルテット、とくれば当然クインテットと
なるのですが、どうにも語呂が悪く、いろいろ考えた末、苦し紛れではありますが
「クク」
と名づけることにしました。

ククは、今まで飼ったヒナちゃんの中で一番臆病で、最初は餌すらまともに食べて
くれませんでした。
手を怖がってカゴの中を右往左往して必死で逃げ回り、隅っこに頭を押し付けて、
足をカサカサ空回りさせてなんとか隠れようとしているような子でした。
1週間たつ頃には慣れるだろう、という思惑とは裏腹に、いつまでたっても慣れる
様子はなく、このまま荒鳥になってしまうんじゃないかと心配していたある日、
エサを食べた後突然ククがカゴから出たいという素振りをして、外に飛び出しました。
壁にぶつかって落ちたククをあわてて拾い上げたら、ククはあんなに嫌がっていた
私の手の中でのんびりくつろぎ始めました。


はじめまちて。

えへ、びっくりちたでちょ?

あんまり小さいとカルにいじめられるかもしれないし、もう少し飛べるように
なってから、と考えていたのですが、ククの鳴き声にカルが気づいてしまい、
隔離しておくのが難しくなってきました。
いちかばちかで対面させてみよう、とカルのもとへ。


カル、心の準備はいい?

ボクに用?

ん?ボクに何か用?


じゃーん、と背中に隠していたククを目の前に出すと、間髪入れずに飛びついてきました。


かわいい~!

ひゃー、かわいい子だなぁ!

興味津津のカル。ククはおすまし顔です。
ククっていうんだよ。仲良くしてあげてね。


ねえねえ・・・

ねえねえ、こんにちは。
・・・。

どうやらククは固まってたようです。
目を合わせないようにしたまま、身体を細くして知らん顔をしています。
カルはククがいたく気に入ったらしく、どこへ行ってもついて回ります。


興味

ねえねえ、羽さわっていい?
いやーん、怖いでしゅー。

触りたい欲求が強いらしく、やたらと羽をついばもうとします。
ククが羽づくろいをしていても・・・。


しんしん


執拗すぎる・・・カル・・・アンタちょっと変態っぽいよ・・・。

どう触れればいいのかわからなかったようなのですが、ようやくわかって
きたようで、かいがいしく首をカキカキしてあげていました。


そこそこ!


掻いてる方がうっとりしてる・・・。




blogram投票ボタン






テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

あおい薫り
じめじめしたお天気が続き、カルも少し元気がないなと思っていたら
また換羽が始まったようです。


ちみちみ・・・。


うす暗いテーブルの下で、ずうっと自分の羽をちみちみしてます。


味しないね。

ずっと噛んでるんだけど、味、しないの。
そうだね・・・たぶん味がするならカルの汗(かくのかな?)くらいだと思うよ。

そんな話をしているところ、私の尊敬する鳥ブロガー、「恋する小鳥」のS子さんから
お願いしていたユーカリが届きました!

封筒を開ける前から、気持ちのシャキッとする爽やかな薫りが。


とっても良い薫り。


中には青々としたユーカリの枝が1本と素敵なお便り、そしてほんのちょっと
胸が痛くなる、美しい羽衣さんのお話が同封されていました。

S子さんの言葉たちは、いつも私の心を揺さぶります。
個性豊かな小鳥さんのしぐさに大笑いしたり、かけがえない命の大切さに
ハッとさせられたり、胸を貫かれるような別れに涙ぐんだり・・・。
などと私が拙い言葉で語るより、百聞は一見にしかず、ということで、
ぜひ右のリンクをクリックしてみてください。

とはいえ、あちらは60万アクセスを誇る人気ブログ、私が紹介するのも
おこがましいのですが・・・。


上の写真を撮ろうと準備していると、カルが一直線に飛んできて、葉っぱに
かじりつきました。
くいしんぼうとはいえ、いつも初めて食べる物は、遠巻きに見ながら私が
食べる(ふり)をするのを確認して近づいてくる、といったパターンなのに。
早速1枚ちぎってあげてみたところ、なんのためらいもなく口にし始めました。


パリ・・・。

ほう・・・。


んんん!

これは・・・。


何だかコーフン!

なんだかコーフンするぞ!

と、ピントも合わせられない勢いで噛み砕いておりました。
ユーカリといえばオーストラリア、カル達のご先祖様からの遺伝子がそうさせるのかな。
でもユーカリの葉、よく見ると漆とおんなじつき方(両方の葉が互い違いじゃなくて
対称に生えてる)のね・・・。

そうそう、ユーカリ絡みでお恥ずかしい話が。
だんなはんが仕事から帰ってきたときのことです。

だんなはん「なんかさわやかな匂いするねー」
私「S子さんのとこからオリーブ届いたんよー」
だんなはん「・・・オリーブ?ユーカリじゃなかったっけ?」
私「うおー!間違うた!!・・・しかも手紙にもそう書いた気がする!」

私の頭の中でユーカリ→オリーブという不可解な変換が起こっていたようで、
返信用の切手を送る時に同封した手紙に「オリーブの収穫頑張ってください!」
と元気よく書いて送ってしまったことに気づいたのでした。
恥ずかしすぎる・・・。と一人赤面するわたくし。
すみませんS子さん・・・。


blogram投票ボタン








テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

プロフィール

Author:mayublue
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。